今が買いの上昇が期待銘柄 7月1日

>

日本セラミック <6929>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.37%にあたる10万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は7月1日から7月31日まで。

アダストリア <2685>
20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比3.8倍の51.1億円に急拡大して着地。「グローバルワーク」など前期苦戦した基幹ブランドが回復したほか、「ニコアンド」なども総じて好調に推移し、国内事業が2ケタ増収を達成したことが寄与。値引き販売や広告宣伝費の減少に加え、トリニティアーツののれん償却がなくなったことも利益拡大に貢献した。第1四半期実績だけで通期計画の100億円に対する進捗率は51.2%に達しており、業績上振れが期待される。

ジャステック <9717>
19年11月期上期(18年12月-19年5月)の経常利益(非連結)は前年同期比12.9%増の11.1億円に伸び、従来の11.0%減益予想から一転して増益で着地。企業のシステム投資需要が高まるなか、製造業や電力・運輸業、情報・通信向けの開発案件が増加し、11.2%の大幅増収を達成したことが寄与。原価率が改善したことも増益に貢献した。

東宝<9602>
6月20日に年初来高値更新。その後も堅調に推移しており、もうしばらく上昇トレンドが継続すると考える。直近発表の2019年3月期決算では、営業収入2462億7400万円(前年同期比+1.5%)、営業利益449億8200万円(同-5.5%)、純利益301億9700万円(同-10.0%)となっている。

オリンパス<7733>
直近発表の2019年3月期決算では、売上高7938億62百万円(同+0.9%)、営業利益282億81百万円(同-65.1%)、四半期利益81億47百万円(同-85.7%)となっている。

>