今買う大化け株 4月5日

2018/04/4 18:30

アダストリア<2685>
3日の取引終了後に発表した3月度の国内月次売上高で、既存店売上高が前年同月比4.4%増と4カ月ぶりに前年実績を上回ったことが好感されている。全国的に気温が上昇したことで、春物を中心に売り上げを伸ばしたほか、休日が前年に比べて1日多かったこともプラスに働いた。アイテム別では、薄手のアウター類やブラウスなどを中心に、バッグやスニーカーなどのグッズも人気。なお、全店売上高は同6.5%増だった。

リミックスポイント <3825>
3日、国内やアジアで仮想通貨取引所を展開する子会社ビットポイントジャパンの株式の一部を、香港マディソン・ホールディングスに売却することで基本合意したと発表しており、これが好材料視されたようだ。マディソン・ホールディングスはアジアやヨーロッパでフィンテック関連企業と提携関係を持つ金融持ち株企業。同社は今回の資本提携を通じ、ビットポイントジャパンのグローバル展開を加速する構えである。なお、今回の基本合意により譲渡されるビットポイントジャパンの株式は20%の予定で、引き続き同社の連結子会社となる。

<8698> マネックスG
コインチェックの買収報道を受けて前日は急伸したが、本日は利食い売りが優勢の展開。会社側でも交渉の事実は認めている。ドイツ証券では、現時点ではニュートラルなニュースフローと判断のもよう。承継する資産額や訴訟リスクを含めた負債額が不明、内部管理体制強化への費用が不透明、相場低迷や規制強化で業績の収益見通しが悪化しているなどを指摘している。一方で個人主体による成長期待は高まる格好。