今が買いの上昇が期待銘柄 5月1日

カーボン <5302>
18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常損益は19億円の黒字(前年同期は0.5億円の赤字)に浮上して着地。黒鉛電極の販売価格が上昇したうえ、半導体需要の拡大を背景にファインカーボンの販売が大きく伸びたことが寄与。黒鉛電極のさらなる価格改定の進展を踏まえ、通期の同利益を従来予想の70億円→110億円に57.1%上方修正。増益率が2.3倍→3.7倍に拡大し、10期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。予想PERが11.9倍→7.4倍に低下し、割安感が強まった。

アイエスビー <9702>
18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比20.3%増の4.1億円に伸びて着地。旺盛な企業のIT投資意欲を背景に、主力の情報サービス事業で業務システムの受注が好調だったことが寄与。売上原価の減少による採算改善も大幅増益に貢献した。上期計画の3.5億円をすでに18.6%も上回っており、業績上振れが期待される。

コロナ<5909>
総合住宅設備機器メーカー。世界で初めて家庭用エコキュート発売。石油暖房機器で高シェア。売上は3Qに偏重する傾向。暖房機器は堅調。石油ファンヒーターは上位機種の販売が順調。18.3期3Qは2桁増益。寒冷地向け石油暖房機は売上増。空調・家電機器は堅調。ルームエアコンは最需要期での販売が好調。エコキュートも売上増加。18.3期通期は2桁増益見通し。PBRには割安感があり、今後の株価は底堅い展開を想定。

今買う大化け株 4月20日

THEグローバル社<3271>
首都圏を地盤にマンション開発や戸建て事業を展開、インバウンド需要をターゲットとした経営戦略が注目されている。訪日外国人に人気の京都の中心部にホテルを積極展開して需要を取り込んでいる。また、東京では空の玄関口である羽田空港を意識して蒲田にホテル用事業用地を取得するなど布石に余念がない。18年6月期営業利益は前期比70%増の31億1400万円を見込むが、19年6月期も利益成長トレンドが続く見通し。PERに割安感が強い。

アミューズ<4301>
水戸証券は18日、同社株のレーティングを新規「B+」でカバレッジを開始した。目標株価は3800円としている。大手芸能事務所の一角。3月下旬に18年3月期の連結営業利益は従来予想の44億円が28億8000万円に下方修正された。舞台作品イベントの動員数未達や制作費の増加、利益率の高い発売タイトルなどのリリース延期などが減益要因となった。ただ、19年3月期の同利益は52億円への回復を予想。今期は人気ミュージシャンの大型コンサートやアミューズ設立40周年イベントの開催が期待できる点などを評価している。

西部電気工業 <1937>
18年3月期の連結経常利益を従来予想の13億円→17億円(前の期は13.8億円)に30.8%上方修正し、一転して22.9%増益見通しとなった。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の5.1億円→9.1億円(前年同期は15.1億円)に77.2%増額し、減益率が65.8%減→39.4%減に縮小する計算になる。

今買う大化け株 4月19日

<2468> フュトレック
韓国SKグループのSK holdings C&Cと、音声認識技術と音響処理技術に関するパートナー契約を締結したと発表している。SK holdings C&CはAIサービス「AIBRIL」を展開しており、AI技術の蓄積・展開強化などが期待される状況となる。また、SK holdings C&Cの販売ネットワークを生かした海外市場への販路拡大なども期待されるようだ。

<4755> 楽天
JPモルガン証券では投資判断を「オーバーウェイト」から「ニュートラル」に格下げ、目標株価も1300円から900円に引き下げている。株価は既にMNO事業に対するリスクを相当程度織り込んだ印象があるが、少なくとも同事業の開始までは懸念先行の展開が予想され、積極的に買う材料に乏しいと判断しているもよう。既存事業も継続的な厳しさが続くとし、2020.12期にかけて営業減益が続くと予想している。

Minori <3822>
18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の13.7億円→15億円に9.1%上方修正。増益率が1.4%増→10.6%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。通信業向けや公共系のソフトウエア開発の受注が順調に推移するなか、プロジェクト管理における生産性向上や好採算案件が増加したことなどが利益を押し上げた。業績好調に伴い、前期の年間配当を従来計画の33円→36円(前の期は33円)に増額修正した。